すそわきがと性病|臭いと症状の違いで見極めよう

MENU

すそわきがと性病|臭いと症状の違いで見極めよう

すそわきがと性病の臭いは判断が難しく、放置してしまい病気が悪化すると大変です。性病は不妊症や子宮関連の病気を招く可能性もありますので早急な治療が必要です。またパートナーも同時に治療を受けないと、いつまでもお互いに菌をうつしあってしまうこともありますよね。

 

臭いに違いはある?すそわきがと性病の見極め方

 

デリケートゾーンの臭いがなんだか気になるという時。念のために病気も疑って原因を調査してみましょう。ではすそわきがと性病の臭いはなにが違うのか、ふたつの違いを見極めるポイントについてご紹介していきたいと思います。

 

すそわきがと性病の臭いの違いは

  • 性病の種類によって違う
  • 臭い以外の症状
  • おりものの変化
  • デオドラントの効果があるか
  • すそわきがの特徴

 

性病の種類によって臭いのタイプが違う!

すそわきがか性病か、臭いの違いは個人差がありますし感じ方も皆さん違いますよね。性病は色々な種類がありますが、すそわきがと勘違いしやすい以下の病気はとくに注意しましょう。
  • クラミジア感染症
  • 淋病
  • トリコモナス
  • 細菌性膣炎
  • カンジダ膣炎

これらの病気はそれぞれ異なる臭いの特徴があります。若い女性に拡大しているクラミジア感染症は全く自覚症状がなく、たまに臭いが生臭く感じることも。

 

淋病は魚が腐ったような強烈な刺激臭が特徴で突然臭いが悪化してしまいます。カンジダ膣炎、トリコモナス、細菌性膣炎なども同様に生臭い臭いが特徴で、人によっては酸っぱい臭いや刺激臭となることもありますよ。

 

性病の種類によって臭いの性質は若干異なりますが、さらに生活習慣や食べ物によっても性病時の臭いは個人差があります。臭いだけで病気の種類を判断できませんので、気になる時はすぐに病院で相談することが大切です。

 

すそわきがと性病は臭い以外の症状で判断しよう

すそわきがなのか性病なのか、臭いの違いで判断するのは難しく自己判断するのは大変危険です。そこで覚えておきたい点が性病の場合の症状。性病になる病原菌の働きで色々な不快な臭いを発生させますが、それだけでなくほかにも症状が現れます。

 

菌の活動により性器に痛みが伴うこと、かゆみがずっと続く、下腹部痛がある、熱が出るなど、臭い以外の症状が判断する基準のひとつ。臭いと一緒にこのような症状がある場合はすぐに婦人科で検査をしてもらいましょう。

 

性病の検査っていったいどんなことをするのか、抵抗があり不安な方も多いと思います。病院ではまず問診でおりものの状態、体の不調などの症状を聞かれ尿検査や血液検査で確認をします。

 

陽性の場合は投薬治療や場合によっては点滴を行い治療をして、数週間後に再検査。性病によっては完治させるのが難しいタイプもありますので、どのような治療方法を行うか医師の指示に従いましょう。

 

おりものがいつもとは違う時は注意しよう

すそわきがと性病の臭いの違いは敏感な人ならすぐにわかるかもしれませんが、デリケートゾーンは健康でもなんとなく臭いがこもる部分。判断が遅れると大変深刻な結果になる場合もあります。

 

臭いはあくまでも個人的な感覚ですから感じ方は色々ですよね。でも目で見てわかるおりものの状態なら性病も判断しやすくなるでしょう。すそわきがと性病は臭いだけでなくおりものにも変化が起こります。

 

たとえば酒粕のようなおりものになるカンジダ膣炎、おりものの色が黄色や緑色に変色する、量が突然増えるとったいつもと違う状態は性病の可能性が高くなります。女性の体のバランスを知るためにも大切なおりものは、普段からチェックしておくと安心ですね。

 

例えばおりものシートを使って状態を調べたり、生理周期との関係でおりものの量がどう変わるのか知るなど、自分の健康状態や体について周知しておくと性病になった時も早期発見しやすくなりますよ。

 

デオドラントを使っても臭いが消えない時はどうする?

すそわきがと性病は臭いの違いがありますので、普段使っているデオドラントが突然効果がないと感じることもあるでしょう。デリケートゾーンは汗と菌により独特な臭いを発生させています。この臭いは殺菌成分や制汗成分が配合されたデオドラントで解決できますが、性病の病原体がある場合はデオドラントで臭いは軽減しません。

 

性病のなかには自覚症状が全くないタイプもありますから、臭いの違いが唯一自分で判断する手段になる場合も。デオドラント剤の効果が発揮できないときや持続しない場合、臭いが全く消えない時は性病を疑ってみましょう。

 

また香料が使用されたデオドラント剤ではデリケートゾーンの臭いの変化に気が付かない場合もあります。女性の健康のためにも使用する場合は無香料などの無添加タイプをオススメします。

 

すそわきがの臭いの特徴について

すそわきがと性病の臭いの違いですが、性病になると刺激の強い臭いがありますのでおかしいなと思う人もいるでしょう。しかしなかにはすそわきがが強烈で病気になったかと思うほどの場合もありますよ。

 

すそわきがの臭いの特徴は

  • 玉ねぎのような刺激臭
  • 鉛筆の芯
  • 生臭い雑巾
  • スパイス

などに例えられています。デリケートゾーンは膣内から分泌されるおりものによって酸っぱい臭いがしやすく、さらに肌が汚れやすいエリアなのでまったくの無臭ではありませんよね。

 

性病のような症状がなくても酸っぱい臭いがする時はすそわきが独特の症状で異常がないことも。気になる場合はお風呂で丁寧に洗い臭いの元になる菌を抑制しましょう。お風呂上りにデオドラントクリームを使用して、翌朝臭いが出ないのであればすそわきがの可能性が高いといえますね。

 

念のため気になる時は必ず病院で診察を受けて、自己判断に任せず万が一の場合の対処も考えておくと安心です。

すそわきが対策TOPへ

関連ページ

セルフチェックから始めよう!5つの方法をご紹介
すそわきがのセルフチェックは改善するための最初のステップ。自覚していないといつまでたってもニオイの改善はできませんよね。でもデリケートゾーンのニオイっていつもなんとなく臭うので判断しにくいという人もいるでしょう。そこで女性の皆さんにぜひ知っておいてもらいたいのがすそわきがのセルフチェック方法です。
対策は原因に合わせて!7つの改善ポイントを解説
すそわきがの原因は自分で正しく判断しにくい悩みですが、デリケートゾーンは菌が繁殖しやすいエリアであることはなんとなく理解できますよね。どんな方法で改善できるのか、すそわきがの原因に合わせて行う7つのポイントを見ていきましょう。
病院にいくべき?すそわきがに急になる原因とは
すそわきがに急になるとなにからすべきなのか、ほとんどの方はかなり困惑してしまうでしょうね。すそわきがの原因は色々あり女性のホルモンバランスなど、生理の周期や体の機能としてニオイがどうしても強くなってしまうこともあります。早くこのトラブルを解決するためにも、とても多いすそわきがに急になる原因について理解しておきましょう。
セックスの前に!バレないための臭い対策の方法を伝授
すそわきがになるとセックスも消極的になってしまいますよね。そんな悩みを抱えている人がもっとセックスを楽しむにはすそわきが対策が大切です。ニオイの不安をなくすために今日から早速できる、すそわきがのセックス対策を見ていきましょう。
すそわきがのバレない対策!家庭でできるオススメ12選
デリケートゾーンはいつも嫌な臭いがする部位のひとつですが、すそわきがになったらバレない対策をやっておかないと、洋服を着ていても臭いが周囲にわかってしまうほど強力です。しかしほかの人たちがどんなすそが対策をしているのか、オープンに話せないことも特徴のひとつ。知りたいけど情報がない!という方にぜひお伝えしたい、家庭でできる12のすそが対策をお伝えします。
すそわきがはうつる?ニオイをうつさない方法を伝授!
すそわきがはほかの人にうつるといわれていますが、性行為をするときにとても不安になりますよね。こんな悩みを抱えている女性に知ってほしいのがすそわきががうつる可能性について。また不安な時のオススメの対策方法についてお伝えしましょう。
チチガの原因と対策!ニオイを軽減する洗濯のコツを紹介
チチガの原因と対策は、普通の汗対策だけでなくアポクリン腺が集まっているので、菌が増殖しないよう対策をすることも大切です。チチガは原因に合わせて対策をすることがまず必要です。そこでニオイの悩みを抱えている方にお伝えしたいのが、下着からのニオイ対策。しっかり洗濯してもチチガがするという時は下着に残った菌が原因かもしれませんよ。ではチチガ対策に大変メリットとなるブラジャーの洗い方についてお伝えしましょう。
男性はすそわきがをどう思ってる?本音を検証!
すそわきがは男性視線がとても気になる悩みのひとつ。世の中の男性はすそわきがについてどう思っているのでしょうか。人の体臭は不快なものですが、ニオイフェチが存在するようにどんなニオイが人を惹きつけるかわかりません。そんな謎が多いニオイですが、すそわきがは男性がどう考えているか早速見ていきましょう。