チチガの原因と対策!下着の正しい洗濯でニオイが軽減!

MENU

チチガの原因と対策!ニオイを軽減する洗濯のコツを紹介

チチガの原因と対策は、普通の汗対策だけでなくアポクリン腺が集まっているので、菌が増殖しないよう対策をすることも大切です。チチガになっていても気が付かない人もいますが、下着をとった時にツーンと刺激臭が漂うことがありますよね。チチガは原因に合わせて対策をすることがまず必要です。

 

チチガの原因と対策!ニオイを軽減する洗濯のコツを紹介

 

そこでニオイの悩みを抱えている方にお伝えしたいのが、下着からのニオイ対策。しっかり洗濯してもチチガがするという時は下着に残った菌が原因かもしれませんよ。ではチチガ対策に大変メリットとなるブラジャーの洗い方についてお伝えしましょう。

 

チチガの原因と対策は

  • チチガの原因
  • ブラジャーは手洗いすること
  • すぐに洗う
  • 予備洗いしておく
  • 同じブラジャーを繰り返し使わない
  • 下着専用の洗剤を使う
  • ワキガクリームを使う

チチガの原因はなに?

チチガなんて聞いたことがない人もいるかもしれませんが、女性にとってはつい油断しやすい体臭の悩みのひとつ。チチガは乳輪からニオイを発生させるもので、ブラジャーでいつも締め付けているため、ニオイがこもりやすい部分なのです。

 

乳輪はワキや足の指と同様にアポクリン腺が多く集まっているため、汗のなかにはタンパク質などが多く含まれています。皮膚の常在菌は汗の成分を餌にして繁殖するため、乳輪もワキガのようにニオイ対策をしないといけない部分なのです。

 

またチチガはブラジャーで肌が密閉され、汗がこもり高温多湿の状態。とても菌が好きな環境で下着にも菌が移ってさらに繁殖しやすくなります。

 

フラジャーは手洗いでしっかり除菌すること

ブラジャーはワイヤーやパッド入りなど色々なタイプがあり、バストの形を綺麗に見せるために欠かせないアイテムです。柔軟性のある素材をはじめ、ワイヤーなしのブラジャーは形崩れがそれほど気にならないので洗濯機でほかの衣類とさっと洗ってしまう人もいるでしょう。

 

しかしこれではしっかりブラジャーについた皮脂や汗が洗い落せていません。アポクリン腺の汗には黄色いシミを残す色素成分が含まれていますので、軽く洗濯しただけではどんどん下着の色も変色することに。手洗いしたほうがブラジャーの形崩れも防止できるので、長持ちさせるためにも必ず洗濯時は別に手洗いしてください。

 

放置せずにすぐに洗うこと

 

チチガの原因と対策で覚えておきたい点は、アポクリン腺の汗は大変菌の繁殖率が高いため、汗をかいたままブラジャーを洗濯せず放置してしまうと、繊維の中で菌が増殖してしまいます。

 

通常の洗濯洗剤によっては殺菌効果がないタイプも多く、表面だけ綺麗になっても目に見えない菌だらけなんてこともありますよ。

 

菌が少しでも残っているとブラジャーを着用した際に体温で菌が増えはじめ、チチガがさらに悪化してしまいます。汗をかいた時はすぐにブラジャーを交換してなるべく早く洗濯をしましょう。とくに梅雨時は生乾きのなど不快なニオイがでやすくなりますので注意してくださいね。

 

予備洗いで汚れと菌をしっかり落とす

チチガの原因と対策ですが、汗と菌だけでなく皮脂もニオイに影響を与えています。胸の谷間は意外と皮脂が多く汗もたまるため、肌がべたつきやすいですよね。そんな部分を守るブラジャーにはタンパク質の汚れが付きやすく、洗濯機で一度洗っただけでは綺麗にならないこともあるのです。

 

チチガ対策として意識したいのは、ブラジャーを洗う前の下準備。シミ取り用のスプレーなどを使って軽くこすっておく、洗剤をつけたバケツにつけておくなど、ちょっとした予備洗いをするとチチガ対策にメリットになります。

 

同じブラジャーばかり使わないこと

ブラジャーはだれでも1つは必ずお気に入りがあるでしょう。デザインよりも使用感がとても大切な下着なので、自分の体にフィットするものは毎日でも使いたくなります。

 

しかし同じブラジャーを数日間ずっと使い続けると汗や菌が繊維のなかまで入りこんでいますので、肌を綺麗にしていてもチチガのニオイが漂ってくることも。

 

またいくらお気に入りだからと言って頻繁に着用してしまうと、結果的に素材が劣化して長持ちしなくなってしまいます。できるだけローテーションして下着からのニオイ予防をしてチチガ対策するといいですよ。

 

下着専用の洗剤を使って洗う

ブラジャーはデザインが凝っているものは値段も高く、できるだけ大切に扱いたい下着です。普通の洗剤でもよいのですが、下着専用の洗濯洗剤はもっとデリケートに汚れが落とせるため、高価なブラジャーには最適です。

 

またチチガの原因にあった対策としては、殺菌効果の高い洗濯洗剤を使うのも方法のひとつ。衣類の除菌スプレーなどもありますので、肌に刺激にならないように衣類専用タイプを使ってください。

 

チチガのニオイ対策は肌を清潔にして菌のバランスを整えることが大切ですが、ブラジャーの汚れのせいでいつまでもニオイが軽減しない場合もあるのです。洗濯したてのブラジャーのニオイが気になる時は、専用の洗剤を使って洗ってみましょう。

 

チチガの原因に合った対策をするならワキガクリーム!

チチガの原因と対策はあらゆる要因をなくしていくことがコツ。食べ物や生活習慣などは汗の質を変えるために重要です。ブラジャーのお手入れを正しくしたら後はデオドラントでしっかり消臭対策。そこでチチガにオススメしたいのがワキガクリームです。

 

ワキガはチチガと同じアポクリン腺が原因。ワキガクリームには殺菌成分と制汗成分が配合されているので、汗も菌も同時にブロックできますよ。

 

チチガ対策をするためには、入浴後に乳輪周辺にクリームをつけておきましょう。また出かける前や運動する前など汗を大量にかく前にもワキガクリームでしっかりチチガ対策。

 

クリームは皮膚に成分が浸透するため、ブラジャーで肌が摩擦されてとれる心配もなく、長時間効果が続く点がメリットです。

すそわきが対策TOPへ

関連ページ

セルフチェックから始めよう!5つの方法をご紹介
すそわきがのセルフチェックは改善するための最初のステップ。自覚していないといつまでたってもニオイの改善はできませんよね。でもデリケートゾーンのニオイっていつもなんとなく臭うので判断しにくいという人もいるでしょう。そこで女性の皆さんにぜひ知っておいてもらいたいのがすそわきがのセルフチェック方法です。
対策は原因に合わせて!7つの改善ポイントを解説
すそわきがの原因は自分で正しく判断しにくい悩みですが、デリケートゾーンは菌が繁殖しやすいエリアであることはなんとなく理解できますよね。どんな方法で改善できるのか、すそわきがの原因に合わせて行う7つのポイントを見ていきましょう。
臭いに違いはある?すそわきがと性病の見極め方
すそわきがと性病の臭いは判断が難しく、放置してしまい病気が悪化すると大変です。性病は不妊症や子宮関連の病気を招く可能性もありますので早急な治療が必要です。すそわきがと性病の臭いはなにが違うのか、ふたつの違いを見極めるポイントについてご紹介していきたいと思います。
病院にいくべき?すそわきがに急になる原因とは
すそわきがに急になるとなにからすべきなのか、ほとんどの方はかなり困惑してしまうでしょうね。すそわきがの原因は色々あり女性のホルモンバランスなど、生理の周期や体の機能としてニオイがどうしても強くなってしまうこともあります。早くこのトラブルを解決するためにも、とても多いすそわきがに急になる原因について理解しておきましょう。
セックスの前に!バレないための臭い対策の方法を伝授
すそわきがになるとセックスも消極的になってしまいますよね。そんな悩みを抱えている人がもっとセックスを楽しむにはすそわきが対策が大切です。ニオイの不安をなくすために今日から早速できる、すそわきがのセックス対策を見ていきましょう。
すそわきがのバレない対策!家庭でできるオススメ12選
デリケートゾーンはいつも嫌な臭いがする部位のひとつですが、すそわきがになったらバレない対策をやっておかないと、洋服を着ていても臭いが周囲にわかってしまうほど強力です。しかしほかの人たちがどんなすそが対策をしているのか、オープンに話せないことも特徴のひとつ。知りたいけど情報がない!という方にぜひお伝えしたい、家庭でできる12のすそが対策をお伝えします。
すそわきがはうつる?ニオイをうつさない方法を伝授!
すそわきがはほかの人にうつるといわれていますが、性行為をするときにとても不安になりますよね。こんな悩みを抱えている女性に知ってほしいのがすそわきががうつる可能性について。また不安な時のオススメの対策方法についてお伝えしましょう。
男性はすそわきがをどう思ってる?本音を検証!
すそわきがは男性視線がとても気になる悩みのひとつ。世の中の男性はすそわきがについてどう思っているのでしょうか。人の体臭は不快なものですが、ニオイフェチが存在するようにどんなニオイが人を惹きつけるかわかりません。そんな謎が多いニオイですが、すそわきがは男性がどう考えているか早速見ていきましょう。